このブログを書いている壱号機


初めまして。
ゆとり世代女子、yanagiです。
「フロントエンドのコーディングができるデザイナー」になりたいと思っていたら、Pepperくんのアプリ開発をすることになりました。

Pepperアプリの開発を初めて2ヶ月も経たない頃…
やっと上司のお仕事のお手伝いができる様になった程度の私に「今度からinfodexも開発ブログ作ることにしたから、やってくれない?」との御達しが出されました。正直、「えぇ〜!開発ブログって、開発できる人が書くものじゃないの?!」と困惑したのですが、改めて考えてみると、私みたいなビギナーがビギナーなりの目線で書くブログがあってもいいんじゃないかなと思いました。

そういえば、アプリ開発だけじゃなくプログラミング関連で分からないことがあってggった際に、検索にHitした記事の内容が自分のレベルよりも高くて困ったことが何度もありました。今でもあります。
記事の筆者が想定する技術レベルに達していない自分が原因なのですが、「世の中にはもっと根本的なところから教えて欲しい人もいるんだよー><」と思いつつ、理解せぬまま動かしてみたり諦めたりしていました。

というわけで…
このブログは、アプリ開発なんて右も左も分からない私が、試行錯誤しながら開発者として成長してゆく様を記録するものですが!、個人的なテーマは『あの時私が本当に見たかった開発ブログ』です。自身の成長の記録でありつつ、過去の自分に教えてあげるつもりで書いてあります。時に長談になってしまう恐れもありますが、温かい目で見守っていただけると嬉しいです。


どのくらいのスキルの人がこの記事を書いているのかな?
という点は気になると思うので、私のスペックを記述いたします。

yanagiについて
  • 出身 … 北海道

生まれも育ちも北海道です。大学卒業後、上京しました。
東京すごく蒸し暑いです。

  • 分野 … 理系?情報系?

大学では、UI/UXデザインを専攻していたため、
プログラミングよりも、illustratorやphotoshopを使った制作やユーザセンタードデザインの勉強をしていました。

ですが、「これからのwebデザイナーって、プログラミングもできなきゃダメだよなぁ」と就職活動で実感し、就職後はプログラミング頑張りたいと思いました。
やる気はあります!


言語と使用歴(開発担当着任2015年時点)
  • HTML / CSS  …  2ヶ月

大学時代に授業などで学ぶ機会があったにもかかわらず、「プログラミング苦手…」と放置していたら卒業してしまいました。
この春から、この本を一通り演習しました。
CSSはcompass+SCSSで書くのが好きです。
HTML5/CSS3は今後の課題です。

  • C  …  1年(ただしブランクあり)

大学の授業でやった程度なので、実用レベルではないです。計算させたり、文字列の変換や並び替えをさせる程度です。
けれど、そのおかげで演算子や制御文、関数や配列などの概念は理解しているつもり

  • Java  …  半年(ただしブランクあり)

大学の授業で触っただけ。オブジェクト指向とかクラスの概念が把握できず、苦手意識だけが残りました。
「◯◯でもわかる!」という文句を信じなくなった原因の言語。

  • PHP  …  1週間

HTML/CSSを学んだ後に、少しだけ学びました。これを使って私が出来ることは、C言語と同じ程度です。
ですが、これを扱うために、自分のPCにMAMPを入れて開発環境を整えて…などしました。
C言語と似てる!と思ったら、Cからできた言語だったんですね…。


数あるPepperアプリ開発ブログの筆者の中で、私が一番低スキルな自信があります。
こんな私でも、アプリ開発できるんだよ!ということが楽しく伝わればいいなぁと思います。

追記:

現在、yanagiはコメントの返信は対応しておりません。
ご意見・ご質問がある際は、fujiやtobiにお尋ねくださいませ!


2 Comments:

  1. 再来月からペッパーの開発をすることになりました。
    C#ばっかりやってるんですが、おすすめの言語を教えてください。
    C++は経験なくて、javaは5年前くらいに軽くやった程度です。

    1. こんにちは。コメントありがとうございます。
      開発に使う言語ですね!
      プログラミングに関してはまだまだビギナーですので、私の経験上でしかお伝えできませんが、あくまでも参考程度に捉えていただければと思います。

      Pepperアプリを作る際には、Pepperの動きや処理を作る「Choregraphe」側のプログラミングで使う言語の知識と、それに合わせていろいろと胸のディスプレイに表示させるためのフロントエンドの言語の知識があると便利です。

      Pepperアプリを作るソフト「Choregraphe」は、Boxを線でつなげて作るビジュアルプログラミングです。
      なので、言語はなんであれプログラミング経験をお持ちの方はちょっと使うだけで「あぁこんな感じか」と理解して使えると思います。
      ただ、Boxの中を編集するにはPythonを使います。
      私はPythonの経験はゼロだったので、Choregraphe以外でのPythonの使い方を知らないのですが、「要素をつなげるにはどうしたらいいんだろうー?」など思った際にggって出てきたリファレンスで解決できたりするので、”基本的なPython”の知識があると良いと思います。

      アルデバラン社のドキュメントを見るに、C++も使えるみたいですねっ!
      あれ……使った記憶がないのですが………。知らず識らずのうちに使っているんでしょうか…。
      把握できないくらいのスキルでも扱えているっぽいので、ポジティブに考えていただければと思います。

      タブレットの表示はHTML/CSS/JSで書きます。HTML5/CSS3が使えます。(2016年4月現在)
      こちらの知識は僅かばかりありましたので、少し助かりました。
      画像の表示や切り替えくらいならChoregrapheのBoxで制御できるので、全部Pepperの身振り手振りや会話でなんとかするので要らない!というアプリなら必要ないですが、せっかく胸に画面がついているので、Webサイトのようにボタン操作させたりできると、使いやすくて良いと思います。

      また、Choregrapheとディスプレイで信号を送受信するのはJSで作っています。
      「ディスプレイのスタートボタンを押したらPepperが喋り出す」とか「Pepperに話しかけて画面を切り替える」などですね。

      C#ということは、ゲームやアプリ開発をされているのでしょうか。
      コメントから察するに、プログラミングや開発の経験は私よりある方だと感じております。
      ご武運お祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です