【AzureでKUSANAGI】既存WordPressサイトをKUSANAGIで高速化 その2


こんにちは。kuroです。

では早速前回の続き、wordpressのプロビジョニングから行っていきましょう。前回でターミナルから抜けている人は、もう一度ログイン→ルートユーザーに切り替えをお願いします。

3. WordPressのプロビジョニング

これで[/home/kusanagi/kusanagi-test]というようにディレクトリが作られます。kusanagi-testのところはドメイン名とかにしておくといいと思います。プロビジョニングを複数回して、マルチサイトを構築する時に分かりやすいですので。


Worpdressの言語設定です。日本語なので2を。


ホスト名の設定です。Azureから割り当てられたサブドメインをここでも使います。


Let’s Encyptの登録です。する場合は任意のメールアドレスを入力してください。今回は登録しないのでエンター二回でスキップします。


データベース名を設定します。


データベースユーザー名を設定します。


データベースのパスワードを設定します。

以上でWorpdressのプロビジョニングは終了です。

 

4. Worpdressの復元

あらかじめ取っておいたWordpressのバックアップファイルから、wp-content以下の「plugins」「theme」「uploads」フォルダをアップロードします。
FTPソフトは今回filezillaを使います。


・ホスト名にはAzureで確認し、パブリックIPアドレスを入力。
・プロトコルはSFTP
・ログオンの種類は通常
・ユーザー名は「kusanagi」
・パスワード

filezillaの設定はこんな感じです。


ディレクトリ構成はこのようになっています。プロビジョニングの最初につけた名前のディレクトリがあり、その中の[DocumentRoot]の中にWordpress一式が入っています。
では先ほどの「plugins」「theme」「uploads」を同じところにアップします。

 

5. WordPressの設定

Worpdressのプロビジョニング時に設定したホストにアクセスするとWPの設定画面が出るので設定します。

 

6. phpMyAdminをインストールする

ターミナルでドキュメントルートに移動します。

phpをインストール

解凍します。

リネームします。

 

7. データベースの復元

先ほどインストールしたphpMyAdminにブラウザでアクセスし、ログインします。自分のAzureサブドメイン/phpmyadminです。


①サイドバーのwordpressデータベースを選択。(先の設定でつけたデータベースネームになっているはずです)
②Check allにチェック
③チェックしたものを削除

削除した後はバックアップしておいたデータベースをインポートします。メニューバーのインポートをクリックします。

ファイルを選択をクリックし、データベースバックアップファイルをインポートします。BackWPUpを使っているなら〇〇.splというファイルがあるはずですので、それです。アップロードしたら、ページ下部の[実行]ボタンをクリックします。

 

8. 確認、切り替え

sftpでアクセスし、[wp-config.php]を編集します。
以下のテキストを加えます。

これでサイトの確認を行い、問題がなければ[wp-config.php]を元に戻し、Azureで本ドメインと紐付けましょう。
そしてKUSANAGIコマンドでプロヴィジョニング時に指定した仮のAzureサブドメインを変更しましょう。ターミナル、ルートユーザーで

これで移行できていると思います。
お疲れ様でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です